ボディチェンジ効果を高める心理的ハードルのかけ方

2018.07.13 (金)

はじめまして、世田谷で大人女性専用のお腹痩せ・くびれボディメイクを専門にパーソナルトレーニングを提供しております、岳本北斗です。

※本ブログや過去のブログはすべて、40代や50代の女性の方々のボディメイクに特化した内容で書かれています

私がボディチェンジにおいて大切なことがあります。

それは、心理的ハードルなるものをなるべく下げること。

例えば、よくテレビの罰ゲームなんかでみるバンジージャンプ。「5、4、3、2、1、バンジー」で飛べば飛びやすいものの、そのタイミングを逃すと急に飛べなくなってしまう人が多くいますが何でだと思いますか?

たしかに、「怖いから」とか「高所恐怖症」で飛べない人はいます。

これは、そもそも論の話で厳しいタイプです。

しかし、飛ぶ前は平然と「飛べる!」と言っていたのに飛べなくなる人がいます。

高所恐怖症でもなくジェットコースターにも乗れるのにです。

理由は、あそこの場所で「あれこれ」考えちゃうからです。

つまり、脳がマイナス思考に切り替わり、「怖い怖い」とか「飛べない飛べない」と繰り返し自分を洗脳していき飛べない状況を作り出しています。

飛べない理由の棚卸しをしているわけです。

だから、飛べません。

ボディチェンジにおいては「飛べない=行動しない」わけなので、結果に対する死活問題です。

ボディメイクの結果に対するスピード感は若い人と比べれば遅くなってしまうけど、最終的なゴール(あなたの目的)には本来、年齢なんて関係ありません。

「たけもとさんは、まだ若いから言えるのよ」

と言われればそれまでですが、私ではなく私のお客様をみているのでそう思うわけです。

現在40代、50代の女性の方のボディメイク専門でパーソナルトレーニングをしていますが、最高齢は83歳です。

その方は膝が痛かったのが痛くなくなり
姿勢が悪くなっていたのが年々よくなり
出会った時より筋肉がバランスよく付いています。

「今まで年齢のせいにしていた」

「今まで遺伝のせいにしていた」

「今の自分を正当化するように心理的ハードルを上げていた」

仮にあなたが手に入れたいものがすべて手に入らなかったとしても、脳のリミッターを外して心理的ハードル下げて「すべてを手に入る」と問いかけましょう。

そのほうが欲しいものが手に入りやすいです。

そして心が整えば行動もしやすくなります。

本来の体型にあなたはなれます!

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

再構築するBodyChange Studio 代表
岳本北斗

▼シェアをお願い致します!▼

この記事を書いた人

岳本北斗(Takemoto Hokuto)
1988年5月武蔵野市吉祥寺生まれ。
3冊の出版経験があり全ての著書でランキング1位を獲得したベストセラー作家であり、延べ11000人を超える女性の下腹痩せ&ダイエットトレーナー。
これまで20代から最高齢は86歳までの指導に携わり、頑張っても痩せない方やどこに通っても痩せなかった方に3ヶ月でー10cmを超えるお腹痩せを実現するなど、「3ヶ月でー5%」の結果保証をコミットした、新しい形でトレーニング指導に従事している。

» お腹脂肪診断(無料)はこちらからご相談ください。

関連する投稿

現在の記事: ボディチェンジ効果を高める心理的ハードルのかけ方

予約

 

メールから予約

 

WEBから予約

 お腹脂肪診断の予約
(無料)
TOP

指導理念

美しく痩せる骨格矯正

余分な脂肪を落とす食事術

外せないボディメイク情報

ジム選びに関して

お客様の声

書籍出版実績

聴くボディメイク(会員限定)