熱中症対策のための水分補給のちょっとした差ポイント

2018.07.30 (月)

はじめまして、世田谷でミドルエイジ女性専用のお腹痩せ・くびれボディメイクを専門にパーソナルトレーニングを提供しております、岳本北斗です。

※本ブログや過去のブログはすべて、40代や50代の女性の方々のボディメイクに特化した内容で書かれています

今日も全国的に暑くなりそうですが水分補給に関して欠かせないポイントがあります。最近、知ったことなのですが「小まめに水分補給」は皆さんも知ってると思います。ここからです。

・1度に体に取り込める水分の量は200〜250mlまで。

・1時間に体に取り込める水分量が約800mlまで。

だから、小まめに水分補給が重要なんだとか。

言われてみれば、上記の許容量を超えて一気に飲みすぎて「お腹ががぼがぼ」になったり「お腹をくだしたり」することがありました。あとは、結局取りすぎも体をダルくさせちゃうんですよね。

だから、小まめにがポイントです。20〜30分に一度は水分補給をするのが良いそう。

で、もう一つ小まめに補給する理由は体の水分量を保つためです。

利尿作用のあるカフェイン系やアルコール(カフェインには諸説あり、大量にとるのがNGという説が有力)。コーヒーやお茶、お酒を飲む場合は利尿作用によって体から水分が失われる可能性があります。

特にお酒。

スポンジのように体の水分を吸ってしまうのです。

だから水分補給には適していません。

また、コーヒーやお茶、お酒を飲むときは水分の量を増やしましょう。利尿作用飲料と水分補給飲料(ミネラルウォーター)の割合は1対2が最低ライン。

これを目安に水分補給してみてください。

あっ、言い忘れてました!

「塩分」も大事です。

特に汗をかくときは。

量は水500mlに0.5g〜1gまで。

健康上の理由がある方はかかりつけのお医者さんにご相談してみてください。

本日はこれで終わります!!
ありがとうございました^^

ワクワクボディチェンジトレーナー
たけもとほくと

 

《よく読まれてる記事はこちら》

・本来の体型を取り戻すために大切な2つの骨格アプローチの特徴
» 余分な脂肪を落とし後ろ姿シルエットをより美しくする骨格ファンクショナルトレーニングとは
» Tシャツの下は女性らしいボディラインが手に入る骨格コンディショニングトレーニングとは

・これだけは覚えておく!本来の体型に戻すための考え方
» なぜ、ミドル世代女性が本来の体型に戻すためにウエストシェイプアップ・美腹つくりから始めないといけないのか

▼シェアをお願い致します!▼

この記事を書いた人

岳本北斗(Takemoto Hokuto)
1988年5月武蔵野市吉祥寺生まれ。
3冊の出版経験があり全ての著書でランキング1位を獲得したベストセラー作家であり、延べ11000人を超える女性の下腹痩せ&ダイエットトレーナー。
これまで20代から最高齢は86歳までの指導に携わり、頑張っても痩せない方やどこに通っても痩せなかった方に3ヶ月でー10cmを超えるお腹痩せを実現するなど、「3ヶ月でー5%」の結果保証をコミットした、新しい形でトレーニング指導に従事している。

» お腹脂肪診断(無料)はこちらからご相談ください。

現在の記事: 熱中症対策のための水分補給のちょっとした差ポイント

予約

 

メールから予約

 

WEBから予約

 お腹脂肪診断の予約
(無料)
TOP

指導理念

美しく痩せる骨格矯正

余分な脂肪を落とす食事術

外せないボディメイク情報

ジム選びに関して

お客様の声

書籍出版実績

聴くボディメイク(会員限定)