サルコペニア肥満とは!?

サルコペニアが巻き起こす問題

サルコペニアとは、加齢によって筋肉量が減少することをいいます。

これはDNA上に組み込まれていてある年齢を境に誰でも起きることです。

その年齢とは、30歳前後です。

また1年に1%ほど筋力が低下してしまうことがわかっています。

思ったよりも少ないと思った人もいるかもしれませんが、その考えは危険です。

なぜなら、

40歳になれば10%
60歳になれば30%
80歳になれば50%

筋力が低下してしまうからです。

筋力低下していった先の末路は寝たきりです。

寝たきりは男性ではなく筋肉量が少ない女性に多いのです。

サルコペニア肥満の危険性

先ほどサルコペニアについて話していきました。
ただ、サルコペニアに肥満が付くと、さらに厄介なんです。

サルコペニア肥満は、初期段階では体重の変化がほとんどなく発見が遅れてしまうことが多いです。

自分の体を体重で評価していると、体重計にのっても気にならない人も多いかもしれません。

「私、まだ太っていないから大丈夫かしら」と思う人もいるでしょう。

体重の変化がない理由は、体重=筋肉減少+脂肪増加という図式によるものなんです。

筋肉が500g落ちて、脂肪が500g増えていれば体重は変わりません。

体内では脂肪が少しずつ付いていき、筋肉が減っていく、こんな小さな変化が日々起きています。

私が伝えたいことは、体重ではなく、筋肉量と体脂肪量に目を向けてほしいということです。

さらには、一時期話題になったメタボリックシンドロームよりサルコペニア肥満は危険視されています。

メタボリックシンドロームと比較して、

・高血圧のリスクが2.3倍
・糖尿病のリスクが19倍

です。

サルコペニア肥満になりやすいダイエット方法があります。
筋肉が減少しやすい女性の方は絶対に避けておくべきことです。

サルコペニア肥満を招きやすいダイエット方法

それは、食事制限のみのダイエット方法です。

食事制限ダイエットを行ない2週間で体重が6キロ落ちたとしましょう。体重の変化だけでなく、体型もウエスト周りがスリムになったことを実感するはずです。

これなら着たい服が着られて、お洒落を楽しむことができ、嬉しい結果だと思います。

ここまでなら、私も嬉しい変化です。

しかし、食事制限だけのダイエットでは、脂肪と筋肉が1:1の割合で落ちてしまいます。つまり、筋肉量が3キロも落ちてしまうことになるわけです。

筋肉量が落ちてしまうと、

  • 1キロ当たり約50kcal/日の基礎代謝の低下
  • 姿勢が悪くなる
  • プロポーションが保てなくなる(むくみ・セルライト・ボディライン)
  • 免疫力の低下(疲れ・ダルさ・回復が遅くなる・病気がち)
  • なので、食事制限だけダイエットは絶対にやめるべきです。

    そして、脂肪は落として、筋肉をつける正しい食事管理と筋肉を付けるトレーニングを行なうことをお勧めします。

    岳本 北斗 Hokuto Takemoto

    profile_photo
    1988年5月武蔵野市吉祥寺生まれ。
    小学1年〜6年生までの野球指導を経てパーソナルトレーナーとして独立。大手フィットネスクラブ1社では2年連続指名数1位を記録。ファッションモデルの指導から脳出血を患い介護を必要とする人の指導まで多岐に渡り、述べ1万1千人を指導。その中で体の転換期として最も人生のターニングエイジが「ミドルエイジ」であることを実感し、一念発起。自身の体で7年以上研究に研究を重ね、ときに、述べ170人以上の40代〜50代女性のモニターの協力を経てボディチェンジプログラムを体系化。大人女性の成功のポイントが「お腹周りの使い方」にあることを突き止め、2016年に東京初40代50代女性専用お腹痩せ・くびれ作り専門パーソナルトレーニングスタジオを設立。著書に「ウエストを7cm引き締める技術」など3冊の出版実績がある。

    予約

     

    メールから予約

     

    WEBから予約

    お腹脂肪診断の予約
    (無料)

    指導理念

    美しく痩せるフレームメイク

    余分な脂肪を落とす食事術

    外せないボディメイク情報

    ジム選びに関して

    お客様の声と変化

    電子書籍出版実績

    聴くボディメイク(会員限定)

    女性専用ボディメイク最新ブログ

    投稿テーマ一覧

    TOP